◆箱庭の外堀◆

:: 2013/11/20(Wed)

短編『遺言』の補足説明です。

読んだ方のみどうぞ。




***短編【遺言】の追記***


「その後の助手君はどうなるのか」というご質問いただきました。
ここからがタイトルになります。

『遺言』です。

「お隣さんがこの部屋に矢を放ってきても笑って許してあげるよ」


と、探偵さんは言いました。


だから助手君は笑います。

先生の崇高な遺言に沿って、彼は笑って犯人を許してあげる事にするんです。
笑って、先生の遺体を埋めて、犯人を責めず、ここで先生を殺した問題は全てチャラになります。

死者本人が「笑って許してあげる」と言ったので

助手君は、笑って許してあげるのでした。


おわり。

スポンサーサイト
  1. 補足説明
  2. | 本文:0
<<タイトルなし | top | 箱庭じゃないけど更新しました>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する