◆箱庭の外堀◆

それはある意味『機械仕掛けの神』 :: 2013/07/29(Mon)


人気投票をちょっと考えてます。
『一人一票』の人気投票は「○○○話に行ったら」って思ってるんですけど、
『一人複数投票可能』な人気投票はやったことないんですよ。

それだけでもやってみたいなぁとか色々考えてます。
連続更新が終わってからかなぁ。

…でも、一人一票投票の楽しみがなくなりそう!どうしよう・・・!



そして、30日~8月1日まで不在気味です。外泊してきます。
『気味』というのはPCを持って移動しているので完璧な不在じゃない、
けどいつもみたいに自由気ままにネットはできない、そういう感じです。

30日に出発して、1日に帰ってきます。
なので30日の更新は0時には出来ませんし、出来るのかどうかもまだ分かりません。
ペンタブは持っていこうか悩むのでブログ記事もあんまりご期待しないでください。
コメント等頂きましてもお返事は1日になるかもしれません。




サイトの訪問、漫画の閲覧、WCRへの投票、沢山の拍手、コメントありがとうございます。
本記事はコメント返信を主に行います。

追記は【酒の肴は男の背中】で何度も登場した名前:ルミ子についての説明をします。
知らない人は知らなくてもいい、ロクでもない裏事情です。

■コメント返信(該当の方は文字をドラッグしてください)
 文字数の違いは送ってくださったコメントの文字数の違いに比例しています。

>7/28 23:28にコメントくださった方
 まさかルミ子の方に反応くださる方がいらっしゃるとは思ってませんでした…!
 そんな重要なキーワードではないのでスルーしてくださるとうれしいです。
 それとも、本名がルミ子さん!? だとしたら申し訳ありませんでしたm(_ _;)m 悪気はなかったんです。
 追記にて「何故、ルミ子という名前を選んだのか?」の疑問にダラダラと答えていますので、
 もしも気になったのでしたら『続きを読む』を見てくださいませ。

 そして、線画だけでランプの明かりを表現しているカット…と言いますと

2013y07m29d_153106129.png
 こちらのコマのことでしょうか?
 ここは影の付け方の難しさを痛感しました(><;)白と黒だけですので余計に…。
 でもこのコマを気に入ってくださって「頑張ったかいがあったなぁ」と喜んでいます(´▽`*)
 ではコメントありがとうございました!




>嫁田さま
 こんばんは!いつもコメントありがとうございます!
 レス不要のチェックなど、気遣ってくださって重ね重ねありがとうございます!
 コメント返信はヘッドフォンする必要が無いので全然大丈夫ですよ(^▽^)/

 番外編、終わってしまいましたー…(´;▽;` )ちょっと寂しいです
 タイトルまで注目くださってありがとうございます!そういうことなんです。
 …というか背中に気付いたのなら若大将も教えてあげればいいのに! 若大将はいじわるですね。
 
 実は前回の人気投票は「一人一票だけ」だったんです。
 一人一票だと若大将と管理人さんに票が行くかどうか…私も心配です(・▽・`;)
 ひとり何票でも投票可能にしたら若大将と管理人さんにも票が行くかな、とか思って
 今後の人気投票どうしようか悩み中です。

 管理人さんの不倫ルートに同窓会で初恋の人と再会パターン…!
 ロマンチックで良いですね!やるならそういう出会いがいいですね!(笑)
 でも不幸なことになっちゃいそうなので番外編として作ると心苦しいですね…。

 若大将が詳しいのは、王様が話したがりで若大将が聞き上手だからです!
 本編でも分かる通り、王様は居とお喋りしたがって色々と喋っちゃってます。
 王様は一見、さみしがり屋には見えないけど実はちゃんと話を聞いてくれる人が欲しいのです。
 うさぎさんに聞いてもらおうにも「知らん!」って突っ返されちゃうからちょっと物足りない王様。
 話題は時事ネタを話したくても王様は時事ネタを話せない、という事情もあります。
 テレビ見てたり新聞見てるとうさぎさんに邪魔されちゃうので、まともに世の中の話題についていけないんです。
 彼は自分の身の回りの事を話すしかないんです。

 若大将の聞き上手は番外編でも分かる通りです。
 管理人さんのお話を一通り、反論せずに聞く。
 それから自分の意見を言うので相手ものびのびと自分の推測を話せています。
 でも、若大将と王様の関係は「友達」じゃなくて「ただの店員とお客」でしかないので
 若大将は『王様は普段何をしている人』で『王様はどういうことを考えているのか』という
 深い事情までは踏み込めません。若大将にとっても王様は謎な人なんです。

 王様とうさぎさんの関係ってなんだかもやもやしていますね。
 「父性愛」といわれると確かにそんな感じもします。(作者もよくわかってないんです)
 うさぎさんがどんなに酷い奴でも捨てようとは決して思わない所とか…。
 王様が健気に尽くしてるんだから、
 うさぎさんはもうちょっと王様に優しくしてもいいんじゃないのか…とか思っちゃいますね。

 本編の方もありがとうございます!
 美菜は普段から大人しく、しっかりとした感じなのでギャップが酷かったのが効いていたのかもしれません。
 91話の頃は「美菜、酷い!美菜なんか大嫌い!」ってコメントを沢山いただいたのに、
 最近になって「美菜…かわいそう・・・(´;ω;`)」ってコメントを頂くようになりました(笑)
 これから美菜がどうなっていくのか、それも楽しみにして頂けると嬉しいです。
 ではコメントありがとうございました!






2013y07m29d_140018347.png

2013y07m29d_140028596.png

作中、何度も登場した名前。
これは勿論うさぎさんの本名ではありません。



ルミ子の本体はこちら↓


ゴージャスるみ子1

ルミ子の本名は
【ゴージャスるみ子】です。



【箱庭に追慕】には前身となる漫画がいくつか存在します。
何個か作っていた漫画を一個にまとめたものが【箱庭に追慕】なのです。

その前身物語の中にルミ子は登場しました。

空想少年

彼ら少年たちが主人公だったのですが、詳しい人物は割愛。

この頃の私の漫画はギャグの割合がとても高かったです。
ギャグ8割、シリアス2割で全体からシュールなベールに覆われてる感じでした。




みなさんは【デウス・エクス・マキナ】をご存じでしょうか?

「あー 未来日記の神様でしょ?」ってお答えの方、その神様の名前の元ネタの事です。

しっかりとした説明が苦手なので、ググってくだされば一番うれしいのですが私なりに説明します。

要するに【伏線の無い超展開】のことです。
大昔からあったそうで、
『事件が立て続けに起こって、これからどうなる!?って思った時に
 物語で全く話に出てこなかった最終兵器が登場。
 主人公たちの苦労も、未解決の問題もぜーんぶ最終兵器がカタをつけておーわり!』

といった具合。

もしくは
『主人公と青年が恋に落ちて、なんだかんだとハプニングが起こって…今告白しなくてどうする!
 って時に何故か神様が登場。「お前はコイツとくっつけ!」っていきなり別の人物を出してくる神様。
 そして主人公はめでたくその別の人物とゴールイン!おめでとう!
 って、ファンタジーのファの字も無かったのに…そりゃないよ・・・!』

という感じ。


なんとも言いようの無い気持ちになります。
え? 今までのは何だったの? これ、この話の内容じゃなくてもこのラストになるじゃん。
理不尽な夢オチに出会ったような気持ち。


…それがなんなんだ? ですよね。



私は「どんでん返し」が好きです。それは【箱庭に追慕】の読者様ならなんとなくお分かりになるはず。

小学校・中学校の頃からどんでん返しが好きでした。
でも、当時はお話の作り方が今よりももっと下手で
『デウス・エクス・マキナ』的な超展開オチにすることがよくありました。
(お話作りは今でも下手くそ)


そこで登場したのがルミ子だったんです。


…意味が分かりませんね。


ルミ子は私が小学校の頃に考えた初めてのオネエキャラで、
超展開物語の常套句として使用しておりました。


ゴージャスるみ子2

ロボットと人間の戦いの物語で、何故か入ってきた謎のオネエ。
機械相手に生身で太刀打ちが出来るという最強の手腕の持ち主。
神出鬼没で、主人公のことは好きでもないのに、何故か主人公のピンチに現れ助ける。
「オネエだから」って言っとけば、理由として成り立ってなくても「ああそうか」で何故かみんなが納得する。
ステータスは初登場時からカンスト状態。



ギャグだから、ね。



はい、要するに 『戦勇。』の鮫島さんポジションだったんですね。
「漢」が「オネエ」になった感じ。
でも鮫島さんはちゃんと出る所を弁えてらっしゃるから良いんですよ。
そういうギャグのエッセンスの一つとして絶妙に立ってらっしゃる。(何故か敬語)



各物語の終わりに良いオチが付かないからってルミ子を登場させたり、美味しい所をルミ子に持っていかせたり。
困ったらルミ子を出しとく、困ったらルミ子に頼る。
そんなスタンスで物語を作った中学時代。なつかしい。


「困ったらルミ子に頼る」スタンスは今の私にも(何故か)根付いており、
今作も「名前に困ったからルミ子から持ってきた」のでした。
昔から私の漫画を読んでくれている友人達へのサービスの意味もこもってました。


ルミ子は小学校以降の作品にたびたび登場していました。
浮気相手の名前がルミ子。
キーパーソンにルミ子が登場。
「最強のあの人」と噂をすれば、大体ルミ子。



【箱庭に追慕】のラストも困ったらルミ子に解決させようかなーとか気軽に言ってみますが、
「やめて!!」って誰かに叫ばれそうなので
今作だけはあんまりルミ子に頼らないようにしたいですね。

スポンサーサイト
  1. コメント返信
  2. | 本文:0
<<タイトルなし | top | タイトルなし>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する