◆箱庭の外堀◆

縦! :: 2013/05/21(Tue)


毎度お騒がせしています。

昨日の記事でアンケートを実施しました。
結果は横書きが圧倒的に多いです。

まつげさんも投票とコメントありがとうございますm(_ _)m

しかし今回のお話は【ゲームパート】と【現実パート】の二種類が混在するお話です。
【現実パート】ではいつもの【箱庭に追慕】と同じ形で制作します。
そうするとあっちこっちで左から読んだり右から読んだりになってゴチャゴチャになってしまうんです。

とりあえず、右とじの横書きで描き続けてみたのですが…どうにも違和感。

分かりたいけど、言ってる意味が分からない人にわかりやすくご説明します。

コマ割り説明1

ここに1ページあるとします。


いつものように縦にセリフを書きます。

コマ割り説明2

すると、こうなります。

某先生の検証方法を真似して、『目線の動き』を追ってみます。


コマ割り説明3

こういう目の動きをするわけです。



では、今度は横書きにします。

コマ割り説明4


これを目で追います。


コマ割り説明5



おぉぅ、おう、おぅ…

見づらっ!!!!



ページが進んで一気に読んでみるとそれがよく分かりました。
縦書きは視線がいちいち上がらない・文字の頭に辿りつくのが早いのに対して
横書きは視線がたまに下がる・文字の頭にたどり着く前に全文を見てから頭を探す形になる。
と思いました。


コマ割り説明6

この緑の部分がとてもストレスになる気がします。




DSC_0774.jpg

一コマだけなら大丈夫だけど、それが沢山あると酔います。
このコマもきっと左から読んでいけば分かりやすいんだろうけど、
私は右から読んでほしかったりします。

「言われなきゃ左から読むわっ!」ってつっこまれそうですね。


ということで、横文字の方がそれらしく趣があるものの
縦文字の方が読みやすいであろうと気付いたので縦読みにさせていただきますm(_ _)m
投票くださった皆様、ありがとうございますですみません!


先人は偉大ですね。
こういう「人間の無意識の目線」にも気を配って漫画を作られてたなんて。





アナログで縦書きで漫画描いて、横書きでも漫画描いて…
いったい何回同じシーンをトレスするんだろうか(笑)

必要ないと思ってたトレス台購入に手が出そうです。
外付けHDD買ったばかりだから贅沢は駄目です。

天気のいい昼間に窓ガラスに紙重ねて書きましょう。
きわめて原始的でエコなトレス。



サイトの訪問、漫画の閲覧、WCRへの投票、アンケートへの投票、アンケートでのコメント、拍手ありがとうございました。
追記は作業途中の落書き。







(誰か忘れてたりして)

箱庭

まだ下書きですが、これだけでも十分人物の判別がつくと思います。

王様・美菜、高崎・紀一、理子・うさぎさん、Aくん・ノルちゃんが
それぞれ対極なのは作者の中で対極のイメージがあるからです。

高崎と紀一は紙の色も紅白なので分かりやすいかと思います。

ペン入れの時は高崎の手をどけてあげたい。
ノルちゃんにグリグリしてるみたいです(笑)

六太郎のポーズは、しなえの脳内にしまってあるので下書きいらないかなーって思ってたらふわふわした感じになりました。
スポンサーサイト
  1. 更新に向けた現状
  2. | 本文:0
<<白乙さんの話 | top | 縦? 横?>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する