◆箱庭の外堀◆

ご紹介 :: 2013/01/16(Wed)
いいなーってお話

サイトの訪問、漫画の閲覧、WCRへの投票、拍手、コメント、メールありがとうございます。

「マンガ★ゲット」のレネ様からメールを頂きました。ありがとうございます。
せっかく漫画投稿のお誘いを頂きましたが…私、今は遠慮させていただきます。
「マンガ★ゲット」が原因ではありません。私的な問題です。


…というわけで、読者様方に「マンガ★ゲット」を紹介させていただきます。
URLはこちら→ http://mang.jp

無料漫画が読み放題なソーシャルサービスです。スマホ、携帯、PCでも利用可能です。
色々と徘徊させていただきました。


読者側からした良さは「画像を動画のようにして見れるところ」だと思います。

たまに「面白いんだけど見づらい漫画」ってありますよね。
画像が大きすぎて、全体が見づらくて辛かったり。
セリフ等がアナログ手描きで、ディスプレイに顔を近づけても何て書いてあるのかよくわからなかったり。
…でもこちらのサイト様は、
アップロードして作者が(事前に設定して)見る順にスクロールしてくれるから
目をこらさなくても(言いかえれば)作者の読む順番ガイド付きで読むことが出来ます。親切。


作者側からした良さは「小遣いになる(?)」って所みたいですね。
詳しくは分かりませんが、このサイト様には『収益分配プログラム』なるものがある所が売りのようです。
マンガの人気に見合った報酬が受け取れるかもしれないそうです。
…曖昧な言い方ですみません。よくわからないんです。
興味のある方はリンク先に行ってご自分でお調べくださいませ m(_ _)m



サイトトップには【いいね!】がいっぱい並んでいます。
書籍化された作品も、賞金付きの投稿イベントもあります。
「豪華なサイト様だなぁー」というのが正直な感想です。

投稿だけじゃなくて、読者として遊びに行くのも面白いと思います。
WEB漫画好きさんは、遊びに行ってみてはいかがでしょうか。




追記は拍手返信。




>1/16 12:40様
 すばらしい洞察力ですね…!驚きました!
 実は「十代のようなまっすぐ気持ちをぶつけて来る感じ」はその通りなんです。
 『箱庭に追慕』は私が十代の頃に考えたお話なんです。
 PCにかじりついてラストまで書く事、コピー用紙125枚分!
 「何故、そんなに長い話を書いたのだ…」と後悔しました(笑)
 エピソードの追加等のせいで今は倍以上の枚数になっていて、更に後悔しています(^▽^;)
 描き始めたのも十代ですし、今もまだ社会人ではないので精神面は十代からあまり進化していないみたいです。

 読者様も漫画を描かれるのですね!(・▽・*) 同じ20代の方の作品、ぜひ読みたいです!
 でも「温めている」ということは、未公開なんですね…。
 読みたい!とは思うものの…温める事ってすごく大切だと思います。
 じっくりとご自分が納得いくまで煮詰められると良いですね!

 「温めている作品はサイトで公開される予定でしょうか?別のところで公開する予定…?
  それともプロ志望とかで公開はしないのでしょうか? 短編?長編?」とか色々考えちゃいます。
 もし、サイト等で公開される機会がありましたら一声かけてくださると嬉しいです!
 宜しければぜひこちらからリンク貼らせてください!微力ながら宣伝させてください!

 私なんかの漫画を参考にしてくださってありがとうございます!
 でもこんな辺鄙なサイトの管理人を参考にしてると、悪い癖が移ってしまいますよ(^^;)
 参考にする人は選んだほうがいいと思いますよー! せっかくの作品が台無しになっちゃいます!
 
 では拍手コメントありがとうございました!


スポンサーサイト
  1. おすすめ
  2. | 本文:0
<<ぺんさきのはなしのつづきのつづき | top | 読者様にはわかるのかもしれない。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する