◆箱庭の外堀◆

:: 2011/10/26(Wed)
P1000533.jpg
(サイズが大きくてすみません!)
お寿司です。

これでも不味そうに見えますが、下書きはもっと不味いのです。

47.jpg

「寿司っ!」って効果音入れないと寿司なのかステーキなのかグロイ生き物なのか分からない状態でした。
PCって素晴らしい。
コミスタ歴3年ほどです。慣れるとアナログで原稿を仕上げるよりも30倍ほど楽になりました。

P1000529.jpg
うさぎさんがラーメンだらけの設定になる前はちゃんと料理していました。
ご飯盛るだけですけどね。

◇◆◇

そして、鍾夜様からイラストをいただきました!!!
貰い物イラストのページにあります!
お帰りの際はぜひ寄っていってください!見てください!
かっこよくてかわいくて…!(*´▽`人)手を合わせてしまいます。
作者でも忘れがちな「紀一のモフモフ」もちゃんとついていて感激です!
拍手コメントにてイラストの掲載許可等、ありがとうございます!


そしてそしてサイトを見られた方はお分かりの通り、TOP絵をハロウィン仕様にしました!
(即興ですが…)
ハロウィン当日にTOPについてのハロウィンオマケ漫画を出します…落書きですけど!

社長については、作者が何も思いつかなかったというだけです。
詳しくはオマケ漫画(後日掲載)にて~。

WCRへの投票・拍手等ありがとうございます!!

◆◇◆

宇院澤まつげ様の「人は気にならないだろうけど私は気になる。」にて当漫画をご紹介いただきました!!
ありがとうございます!ありがとうございます!m(_ _)m

宇院澤様を経由して当サイトにいらっしゃったお客様も沢山いらっしゃいます!
色々な方に読んでいただいて光栄です。
「人は気にならないだろうけど私は気になる。」のコメントでも沢山のご感想を頂きました。
宇院澤様の漫画のような読みやすい漫画を読まれる方々にも、
「箱庭に追慕」のように癖とか毒のある漫画は通用するのかとても心配でした。
このブログからですがお礼を言いたいです。ありがとうございます!


「結末」についてですが・・・
「箱庭に追慕」の作者である私は超チキンです。
「サザエさんのように終わりは無いけれど、ずっとずっと愛される物語」が描ける方でしたら、「終わりの事を考えずに物語を始める」のは良い事だと思います。
ですが、私はそういうタイプではありません。
(サザエさんタイプの作者様が本当にうらやましい…)
心配で心配で常に先の事を考えているので「終わりのことを考えずに物語を始める」ということができません。

「箱庭に追慕」は、5年ほど前に休みの日・3日間缶詰になってWordで小説にして書き起こしました。
こういうものをプロットと呼ぶべきなんでしょうが、詳細に書き過ぎていて、もはや「本編」です。
登場人物の行動・思った事どころか、セリフ一字一句全てこの先決まっております。
今現在の段階は「小説を漫画に書き換える」という楽な(?)作業なんです。
しかし、途中で「説明はこうした方が良い」や「キャラの印象が違うから、こっちがいい」などのセリフ・物語解決方法の微調整はあります。
(諸橋姉は小説では諸橋伯父でした。紀一のひきこもりverの設定もありませんでした。)

ちなみに「何話で終わるのか」も大体決まっています。
(それを言ってしまうと読者さまが構えてしまうので言いませんが…)



スポンサーサイト
  1. 更新に向けた現状