◆箱庭の外堀◆

小説用のバトン持ってきてしまいました。 :: 2012/06/12(Tue)

斜芭萌葱さんのブログにてフリーのバトンが落ちていました!
小説用ですけど、漫画でも答えられるんじゃないかと思って無理矢理拾ってきました。
追記にてどうぞ。

※途中までしか読んでない方はネタバレ注意!

本当に興奮するセリフとかシーンは実はまだ本編中に出てきていないのです。
クライマックスに全部行っちゃってるから、まだ最高潮じゃないです。

そんな中途半端な状態なので、ちょっと消化不良な答えですが許して下さいな。
完結後に答えたら答えは全部違うと思います。


サイトの訪問、漫画の閲覧、WCRへの投票ありがとうございます。
今回は遅いうえ、絵が無くてすみません。





このシーンはこのセリフでしたバトン。


このバトンは一次創作、つまりオリジナル小説を書いてる人向けのバトンです。あなたが今まで書いてきた小説で当てはまるセリフを埋めてください。色々聞くので長期連載型向けかも!?


●ほっとするセリフ。
→「ありがとう」
居がよく使います。彼が「ありがとう」って言う時は大体みんな笑顔なので、表情的にもほっとします。


●よく使われるセリフ。
→「えっ」「!?」
これも居がよく使います。驚きっぱなしの主人公ってことですね。


●つい笑っちゃったセリフ。
→「やっと気付いた。規は 幼女趣味だ。」
65話・美菜の台詞。個人的にはこの台詞、面白いんだけどなぁ。


●興奮したセリフ。
→「27年後の吉野規は既に死んでるヨ」
27話・高崎の台詞。
制作サイドとしては27話までこの台詞が言いたくてじりじりしながら描いていたので『やっとかけた!これから箱庭に追慕は始まる!』って大興奮していました。読者様側でも興奮されてると嬉しいです。


●切なくなったセリフ。
→「愛した相手は覚えていても 愛したことは覚えていない」
1話・うさぎさんの台詞。
「…独りだとな 酒を酌み交わす相手どころか… ワイングラスを持ってくれる相手すらいねぇんだよ」
43話・王様の台詞。
私としてはこのふたつが切ないです。そう思わなかった方は今後へ期待してくださいまし。


●腑に落ちないセリフ。
→「『でも』『でも』『でも』 …せっかく無料で馬鹿に教えてやってんのに保身の言い訳ばかりかよ~ こんな『馬鹿』は使えない以前に見たくもないわ」
69話・大月の台詞。
実際に作者が言われたことのある言葉。
私が人間としてまだまだ未熟な証拠です。


●考えさせられるセリフ。
→「自分は…誰だ?」
1話・うさぎさんの台詞。
多分この漫画を読んだ人はここを考えるんじゃないかな。どんな言葉よりも。


●爽快なセリフ。
→「『規』を息子だと思う事にはね 全く違和感が無いのよ」
53話・桃絵の台詞。
色々な桃絵のゴワゴワもごもごしたものがスッキリした気がします。
規が翔である必要はないんです。息子が二人いるって単純な考えに至れば良かったんです。


●ヤバいセリフ。
→「ぷりてぃなケツしやがってぇ」
71話・Aくんの台詞。
どうしてもそういう目線で見ている人にしか見えません。ノルちゃんが色々な意味でピンチです。


●捉えようにはエロいセリフ。
→「六太郎はな 喉だけ機械なんだ」
37話・ノルの台詞。
作者はこの台詞にものすごいエロスを感じたんですけど…私だけでしょうか。
この回を描いている時はこの台詞にずーっと悩みました。 え…えろい。
少女と言えば制服でもスク水でもなく甘ロリ!美女や青年よりオッサン!…そんな作者です。


●勉強になるセリフ。
→「」
読み返してみたけど、この漫画に勉強になる所なんかないです。


●一番長かったセリフ。
→「」
これも難しい。小説ならカギカッコで分かりやすいけど、こっちは区切られているのでどれが長いのかは作者にもわかりません。美菜の回想手前かな。


●解説が必要な程の難しいセリフ。
→「」
無い…かな?


●自分で考えといてイラッとしたセリフ
→「」
グラサン高崎の台詞全部です。高崎の髪の毛ひっぱってやるー!!


●思い出すだけで涙腺崩壊なセリフ。
→「」
まだ出てきてないです。


●ネタバレギリギリなセリフ。(どうしても危ないなら伏せ字を)
→「キミは 覚えてる? 私の事と あの時の約束」 4話・理子の台詞。
「アヤコは馬鹿なんだ」 4話・ノルの台詞。
「でもなぁ そんなストーカーさんに残念なお知らせだぜ」 13話・山倉祐二の台詞。
「きっと兄には『命に変えてでもやるべき使命』があったのだろう」 40話・藍の台詞。
「好きな人をただ見ているだけなんて 絶対におかしいもの」 45話・桃絵の台詞。
「…俺は 今、お前をここに捨てたんだぞ 普通は 俺を怨むところだろ…」 62話・六太郎の台詞。

ネタバレギリギリは本当にヤバいので、今後と関連する台詞をご紹介。



○次に回す人にお気に入りのセリフを!

こうして全部答えてみると、この物語がまだ終盤じゃないってことがわかります。
溜めて溜めて~…最後にドッカン!が好きなのです。
今は実はまだ溜めの段階です。早くドッカンしたい!

次の方はフリーで!
お気に入りの台詞は色々考えたのですが、今後に出てくる台詞以外ありません。

高崎の話で、高崎がカッコイイ決め台詞を言ってくれるのでそこへ期待してくださると嬉しいです。
それが一番のお気に入り。チキンな片想い男から出たとてつもない言葉です。
うさぎさんと王様の話にも気に入ったセリフがあるので…早く続きが描きたい!!


------------------
エムブロ!バトン倉庫
http://mblg.tv/btn/view?id=55802
------------------

スポンサーサイト
  1. バトン