◆箱庭の外堀◆

182話更新しました :: 2017/03/20(Mon)
hakoniwaTOP241.png
サイトの訪問、漫画の閲覧、WCRへの投票、拍手ありがとうございます。
182話更新しました。 大変遅くなりました。
久々の更新なのでまた何か間違ってたらどうしよう…ってブルブルです。



「オンナ」です。

年をとることは恐怖だと思います。
月日が怖い。 もうこれ以上、年齢を重ねたくない。 若い女が恨めしい。
「18歳」と「19歳」でイメージが違うように、一歩一歩と年をとり続け、戻れない道を進み続ける。
段々と自分が老化していくのが分かる。
手荒れが酷くなった、夜更かしが出来なくなった… そういった小さなことから恐怖を感じていきます。

それを認めてくれる人がいればいいんです。
「きみと一緒に年をとっていける」と手を繋いでくれる人がいるのなら、報われると思います。
しかし独りの女はただただ、「きみと一緒に」と言ってくれる人がいないうちに年をとり続けることに恐怖します。

『若さ』という魅力が失われていく。

ただでさえ、「私」は顔も器量も良くないというのに。
段々と「私」の売り文句が減っていく。

ブスで性格も良くない「私」と一緒に歩いてくれる人なんかいるわけない。
だって「彼」がそう言ったから。
『お前みたいな変態痴女、好きになる奴なんていねぇよ』(99話)

じゃあ「私」には規しかいないじゃない。
規が『結婚しよう』って言ってくれたじゃない。
それって、「私」を許してくれるのは規だけってことでしょう。

「オンナ」の「華」は過ぎていく一方。

「華」の時期は全て規と一緒だったんだから。
見捨てないで。
ブスで性格の悪い私にはもう何も残ってない。
返して。
私の「華」の時期を返して。
もう誰も見向きもしてくれない。
返して。
そしたら若い姿で別の男を捕まえるから。
それができないなら、見捨てないで。

『世界で一番愛してる』って、
枯れた私に報いて。


***

こうして高崎は盛大にフラれたのでした。
こんなに更新待たせておいてフラれるんかーい!

スポンサーサイト
  1. 補足説明