◆箱庭の外堀◆

はこにわににじそうさく :: 2016/06/13(Mon)

以前(前職よりさらに前)から色々とアドバイスいただいてたので、ついに職業訓練校の受験をしてきました。
あとはもう結果が来るのを待つ形です。 結果が来るまで動けないので、一時的に漫画制作へ戻れます。

はっ

サイトの訪問、漫画の閲覧、WCRへの投票、拍手、コメントありがとうございます。
6/13 13:21 に「レス不要」でコメントくださった方ありがとうございます!

さて、6/12 15:06 にコメントをくださった方がいらっしゃいます。
これは皆様にお伝えしておいた方が良いかなと思ったので、頂いたコメント全文を載せさせていただきます。
(嫌でしたらお手数ですがコメントを頂ければ撤去いたします…!)


「箱庭に追慕」は二次創作を何処まで容認してらっしゃいますか?
というご質問を頂きました。ありがとうございます。

…二次創作に関して、私の友人たちからは
『「箱庭に追慕」はキャラが掴みづらい!自分が今思ってるキャラの印象で描いても、その裏に豹変するような何かがあるかもしれないって思うと二次創作出来ない! っていうか高崎の髪の毛どうなってんの!!なにあのふざけた髪型!!』
と大不評です(笑)

描きづらいらしいのです…(´▽`;)

それでも有志が描いてくださった作品がこちらこちら

サイトTOPから見に行ける『頂き物①』と『頂き物②』のリンクからのページです。
イラストを誰にも描いていただけなくて、リア友から貰った年賀状を許可頂いて掲載してたりします。


さて、『二次創作をどこまで容認』という本題ですが…


『どこまで』とは内容的な意味でしょうか?(エログロ的な意味)
それとも創作活動的な意味でしょうか?(「箱庭に追慕」の二次創作で同人活動をする的な意味)
私が浮かんだのはその二択なので、その二つとも答えようと思います。
もしも私が思い浮かんだのとは別の第三の意味がありましたら、コメントいただけると助かります。


◆「箱庭に追慕」の二次創作でエロやグロ表現は大丈夫?
二次創作での「R-18(15)」や「R-18G(15G)」は大丈夫です。
表現が過激な場合、通常「やめてください!」とは言わないつもりですが…私自身に耐性が無いです。
私はグロが苦手で読めないので、作者からのコメントや反応はあまり期待しないでください。
キャラをぐちゃぐちゃにすることを楽しむ人もいると思うので、否定はしません。

その他、
性転換・ケモ化・パラレル設定・本編生存キャラの死ネタ・年齢操作・BL・百合・原作CPを無視したCP…
等々、全然大丈夫です。
(あとはどんなのがあるか想像がつかないのですが、大抵は大丈夫だと思います)



◆「箱庭に追慕」の二次創作で同人誌を出しても大丈夫?
原作が無料漫画なので有料の同人誌を出されるとなんとも複雑な気持ちですが…
今のところ「やめてください!!」とは言いません。
あとこの漫画は思ってるより知名度が低く、同人誌を出しても元ネタが分からないので、本を出しても売れないです。

だからといって「箱庭に追慕」の画像を抜き出したり加工したりしての販売や、無断転載はご遠慮ください。




…といった具合でしょうか。

ちなみに先程の『頂き物①』『頂き物②』のページは作者へ自己申告くださった方々の作品を載せています。
(もしくは友人・ツイッターでのフォロー関係等があって私から許可を頂いた物だけになります)

他にも宣伝のブログ記事を兼ねてイラストを公開してくださる方がいらっしゃるようですが、
私自身が元々ROM専なので突撃したりはしません。

創作活動をされてる方の中には「フォローとか関係無く自分の作品名をツイートした人は絶対にフォロー(リプでお礼・ふぁぼ等)で返す!」「ブログで紹介されたのを見つけたらコメントでお礼を言いに行く!」って方もいらっしゃいますが、
その宣伝自体が『これってただ友人に話しかけてるだけだから私が入るのはおかしいよな』とか
『作者の反応が欲しいわけじゃなくて、ただ見つけた漫画を教え合ってるだけだよな』とかの方も多いです。
その違いがよく分からないので、自己申告が無い限り全部自重しています。


以前の「レス不要」をつけるかつけないかのコメントではありませんが、
境目がややこしいので私に声をかけてくださった件以外は反応しないことにしています。
「箱庭に追慕」で検索するのも気が向いたときくらいにしていますので、
批評・好評ともスルーしたり気付かなかったりします。
最近は就職活動が忙しかったのでPCすら開かない日も多いです。



***

オマケ

グーグル先生で検索をかけると候補に色々出てくるのですが、

2016y06m13d_222528001.png

皆様、この先のお話が気になってくださってるみたいで本当に申し訳ないです。
考察サイトどころか、感想を書かれてるブログも…最新は何年前でしょうって具合です。

スポンサーサイト
  1. コメント返信
  2. | 本文:0
<<はこにわににじそうさくそのに | top | 嬉しや 嬉しや>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する