◆箱庭の外堀◆

近況を報告する意味 :: 2016/05/21(Sat)

ブログ記事の内容について、言いたい事があります。
「このブログ管理はどうしてこんな暗い近況報告ばかりするんだろう」と思ってる方へ。

長くなります。ご注意ください。

それでも良い方は追記へどうぞ。











サイトを始めたての頃、このブログも無かった頃。
私は毎日色々な話題をブログのネタとして話していました。
それは「わざわざ毎日来てくれる人」を退屈させたくなくていっぱい話しました。

でも、話が行き過ぎてしまう事が多々ありました。
「退屈しないように!」と頑張って関係の無い話題を振り絞っても、読み方によってはただの愚痴だったり、
「自分の愚痴を聞いてほしいから自作の漫画を餌にしている」と思われてしまうのです。

なので今度は寡黙を通すことを目指しました。
「今日、漫画制作できませんでした。」
「明日は制作できそうです。」
「今週末には漫画が出来そうです。」
「今月中は漫画が更新できないです。」
淡々とした一文だけを書く事にしました。
これなら、円滑に情報を伝えることができます。


するとある日、その淡々とした一文に対してコメントを頂きました。

「どうして今月中の漫画の更新が無いのか教えてほしい。
 自分はずっとサイトに来て更新を確認している。
 だからせめて『何故更新が無いのか』を教えてほしい。
 『今月は更新が無い』と言われて一ヶ月待っても、
 次の月に入った途端『今月も更新は無い』と繰り返し言われるのはもう嫌だ。いつまで待てばいいんだ。
 こっちは待っているんだから、せめて何故今月更新が駄目なのか知りたい。」 という旨のコメントでした。

ハッとしました。

理由を付けることは大切なんですね。
だって「今月中の漫画の更新はありません」という文章でも、
「学校の課題があるので…」と付ければ「じゃあ課題が早く終われば早く更新あるかも!」と考えることができます。
「入院していて…」と付ければ「つまりどう頑張っても当分の間は更新を期待しない方が良いんだな」と考えられ、
「就職活動で…」と付ければ「ハッキリとした期限が無いからこれは来月まで長引くかもしれない…」
「風邪引いたので…」と付ければ「今日明日で寝て治せば大丈夫だろうが!」と、
待つ側としても、待つ姿勢を考えることができます。

なので私はブログ公開姿勢を
『更新日に関わる事態は、内容も含めて読者様方に報告する』という形にしました。

「風邪引いたので」「体調が悪いので」が更新遅延理由の上位を占めているのは本当に申し訳ないですが、
「仕事が5月末で退職なので」も立派な報告対象だと思っています。
「仕事が無くなるから情けをくれ」って言っているわけじゃないんです。

退職をする、ということは今のペースで漫画更新ができなくなるという意味です。
漫画は自動で更新されるわけじゃないです。
趣味の漫画を作る人だって、普通の仕事や学校をこなしながら時間を見繕って必死に作っています。
その趣味の時間を再就職先を探す時間に割く事になるのですから、更新も不定期になります。

そして退職をするということのもう一つの意味は、
再就職先によっては制作時間が取れないので「当漫画が未完のまま永遠に終わる」ということです。
厳しい事を言ってしまいますが、いつまでもこの漫画が細々と続けているとは思わないでください…。
気持ちは「漫画を更新したい!」と思っていても、それを断念せざるを得ない状況になるのが現実です。
私は「趣味を続けられるような良い会社・良い仕事」を選べるほどの「良い人材」ではないです。


なのでその話題を「愚痴」のひとつとして捉えていただくのは大変不本意です。
「退職ってことは作者がブラック企業に再就職したらもうこの漫画は終わりだな」って思っていただくのが一番私の意に沿っています。
そのつもりで書いてきました。

だけどそれを「愚痴はいいから」と書かれてしまいますと、私はどうしたらいいのか分かりません。

長文で関係のない話題をすれば、「自分の話を聞いてほしいがために漫画で客寄せしてる」と思われる。
短文で必要事項だけを伝えれば、「詳しい内容を知らなければ心の持ちように困る」と思われる。
補足説明を加えた必要事項を伝えれば、「愚痴はいいから」と思われる。
もう打つ手がありません。 困ってます。



・・・でも、そもそもこんな話を読者様方にするという事自体がおかしいんだと思います。

ウェブ漫画とは、電車の待ち時間とか待ち合わせの暇つぶしとか、そんなので読まれるものです。
特に『箱庭に追慕』はスマホでひょいひょいとテキトーに流して見るものです。
当漫画は「飽きた」と思えば見なくなり、「更新確認するの面倒」と思えばいつかは忘れられるものだと思っています。

だから漫画の後ろには誰もいないと思うのが普通ですし、
漫画の後ろにいる人間に対して気を使っていただくだなんて情けないにもほどがあります。


ここでもやっぱりドツボにハマっております。

趣味漫画制作者としてのあるべき形に悩み中です。

コメント返信をするだけが正しいのか、
関係無い雑談も含めて毎日変化がある方がいいのか、
漫画の内容を語りたい時だけ語る形が良いのか、
「今月は更新が出来ない」と更新が遅くなることだけを告知すべきなのか、
「今月は●●だから更新が出来ない」と理由も付けて告知すべきなのか、
更新が遅くなることは言わない方がいいのか、
そもそもブログ自体の存在が良い事なのか。

何も分かりません。
一週間悩んでますが分かりません。


そこが分かるまで、当分の間は「コメント返信」と「更新時の補足説明」のみがメインになると思います。
今後更新が遅くなるとしても、遅くなる旨は告知しません。

気が向いたら漫画を確認に来ていただければ嬉しいです。
それで気が向かなかったり、そのまま忘れられたら、それは仕方が無いような気がしています。


スポンサーサイト
  1. ひとりごと