◆箱庭の外堀◆

何度目かのコメ撤去を検討 :: 2015/02/01(Sun)
うーん

サイトの訪問、漫画の閲覧、WCRへの投票、拍手、コメント、更新報告のRTありがとうございます。

このたび何度目かの拍手撤去・ブログのコメント拒否を検討していたのですが…
(残念ながら、常連様方からしたらブログ・サイト閉鎖ですらも恒例行事です。)
思ってた以上に沢山の嬉しいコメントを頂き、拍手撤去を延期しようと思いました。

撤去宣言してたのに、すみません。
もうちょっと頑張って拍手残しておきます。

「レス不要」でコメントくださった方々、ありがとうございます。
お言葉に甘えて「読みました」のご報告だけで失礼します。


追記はコメント返信です。
(2/1 01:23 にコメントくださった方もどうぞ)




◆コメント返信
(着順・頂いた文章量に応じた長さでお返事させていただいています)




>ずももも様

更新を楽しみにしてくださって、本当に嬉しいです…!!
心、抉られてくださってありがとうございます!(?)
ディッケィは最後を見てから、最初の楽しそうな雰囲気を見るとなんだか嫌な気持ちになってしまいますね。
結末は思いっきり行きました! 思いっきり行きすぎて「おいおい!」って作者も思っております。反省です。
初夢の方ですが、あんなに暗くなったのは年越しにジブリのかぐや姫をレンタルで借りて見てたからだと思います。
ものすごく悲しいお話で、悲しい気持ちのまま正月を過ごしてしまいました・・・orz
来年こそは明るい初夢を見れるように頑張りたいと思います!
(改変もなるべく明るく努めようとしたのですが、明るくなりきれませんでした…!)
ではでは、コメントありがとうございました!!





>あーさ様

こんばんは!ディッケィ最新話、さっそく読んでくださってありがとうございます! (さっそくコメントも嬉しいです…!)
初夢の雰囲気がおどろおどろしかったので優しい雰囲気に変えるだけでも結構大変でした!
(そのぶん、雰囲気が変わるだけでも全然別モノに見えてきますね)

私の漫画の師は常に『素人が短編漫画を描くなら、ファンタジーはおすすめしない』と言っていました。
ファンタジーは『ここは異世界だ』と分からせるだけでも相当のページ数(世界観説明など)を割き、
更に『その話がファンタジーである理由』を求められるのでコンパクトにまとめるのが難しいのだそうです。
あーさ様のお言葉通りです。
『異世界だとわかる』というのは簡単なようでものすごく難しいです。
そのせいで今回の短編は58ページという相当の長さになってしまいました…(´▽`lll)

食べ物が毒だから食べれないという点は
「街のやつらが敵だってだけだと切迫する危機感が無いよな」と思って付け加えました!
(決してスカートの中身を見せたかったわけじゃないんですよ!)
結果的にいい感じになったので良かったです!
似たような点としては「恐竜と人間(金髪の西洋人・黒髪の東洋人)の言葉が通じている事」に相当悩みました。
でもこういうのは挙げていったらキリがないですね。
その妥協点・読み手に気付かせないようにする事も『異世界』の難しさかと思います。

シメの方は、原案がゲームセンターに遊びに行っちゃったので起きてる時の私が頑張りました!
ちゃんと終わった感が出てたらいいな~って思います。
私の短編はどれも悲しい終わりばっかりなので、たまには幸せなお話にしてみたいです。
(今回は…ちょっと無理でした^^;)
無機物になる夢ってありますよね!(何ででしょうね…?)
初夢なので縁起が良いのか悪いのかよく分からないです!
サイトのリンクの件、楽しみにしています!(^▽^*)あーさ様の作品も早く見たいです!
ではでは、コメントありがとうございました!!

かいぶつ




>2/1 01:23に拍手コメントくださった方

初夢漫画、最後までお付き合いくださりありがとうございました!
「心に残った」というお言葉、本当に嬉しいです。
今度は箱庭本編を頑張りたいと思います。 応援くださってありがとうございます。
ではでは、コメントありがとうございました!!(「ありがとうございます」だらけですみません…!)





>たまちゃん

お疲れさまです!初夢漫画、読んでくださってありがとうございます!!
ツイッターで告知してからまだ一ヶ月も経っていないうちに完結出来ました。 結構頑張ったな~って思います!
「ディッケィファンスト」はありそうで無い響きですよね。(それともどこかにあるのでしょうか)
ちなみに「人間=花」っていうのは女の子のデザインも意識してます。
ディッケィの子の造形
女の子が帽子を脱がないのはお花に見せかけるため、
花のように頭を大きく見せるためでもあります。
お弁当から出てるカエルのような謎の足は気持ち悪いですね(笑)
よく見ると昆虫類を料理したもののようです。 ひぃ気持ち悪い!
最後のシーンはジーッと見つめるものじゃないので「ぁっ」と思いつつパッとめくって頂ければ…!
そして今回のお話は恐竜さんの恋のお話ですね。
1話目の楽しそうにお弁当作ってる所はもう恋する弁当男子(自画自賛付き)ですよ!
でもラストは失恋になってしまいます。
作中で何度も繰り返されてますが、女の子の中では恐竜さんは「優しい」で止まったままなんですよね。
だからいきなり出てきた奴にラストでキスとか… 言われたらウワァァアアアな感じになったんでしょうね。
個人的には、「服剥いでドレッシング」とか…ものすごくえろいですよね…(´▽`*)
次に来るディッケィファンストちゃんはドレッシングかけられちゃうのか楽しみです。
(ちなみに原案の恐竜さんはドレッシングよりも醤油派でした)

今回の初夢は濃かったですね。(だからこそ、漫画にしようと思ったわけですが…)
夢ってお正月とかのだらだらした時にウトウト見てると長くて良い夢を見る気がします。
今回のディッケィファンストは長い長い夢のうちの一部で、夢全体から見ると相当途切れ途切れですよ!
ちゃんと覚えているのは原案の部分だけで、その後は夢の中でゲーセン行ってゲームしたり、
ボーリングしたり、知らない人と同棲したりっていう感じの変な夢でした(笑)
『よく覚えている』『忠実に再現している』というよりも『夢の中をヒントにして作り変えてる』が近いかもしれないです。

1973年と記念写真が気になりますか…! 今はちょうど1973年を作成中です!
(本編と同時進行なのでのろのろですが)もしかしたら次の短編は1973年になるかもです。
記念写真の方はまだまだ先になってしまいそうです(´▽`;)

たまちゃんにはいつも心配をかけてしまって申し訳ないです。(たまちゃんだって大変なのにね)
いつもコメントありがとうございます。
今回、コメントを撤去しようと思っていたのですが、色々な方からの感想コメントや
たまちゃんからの励ましのコメントを頂いたのでもうちょっともうちょっと…頑張りたいと思います!
こちらこそ、いつも応援してくれてありがとうございます! ではでは!

スポンサーサイト
  1. コメント返信