◆箱庭の外堀◆

相互様の宣伝ですよ :: 2014/07/24(Thu)
サイトの訪問、漫画の閲覧、WCRへの投票、拍手、コメント、メールありがとうございます!
人気投票への投票と、人気投票のコメントもありがとうございます!
ついに190票突破です…! これはもしや200票を夢見てもいいのでしょうか・・・?



本日は宣伝失礼します。
コメント返信は明日(もしくは明後日)まとめて行いたいと思います。

本日ご紹介するのは相互リンクサイト「生命の図書館」様。小説サイト様です。

管理人の白乙さんは当サイト常連様からしたら、もはや恒例のお方。
何度か宣伝させて頂いてます。

「生命の図書館」様の公開作品は沢山ありまして…

小学生コンビがかわいい『極彩色の感情論』、
読後にタイトルの意味がじわじわと来る『君が死ぬまでワガママを』、
一人の女性と二人の芸術家の物語『菩提樹』、

など、長編は様々!未紹介の短編も色々です!
(ちなみに『箱庭に追慕』が好きな人には『君が死ぬまでワガママを』からがおすすめです)

…さて、今回ご紹介しますのは白乙さんの新作、

疫病神奇譚
(イラストは全部以前描いた物の使い回しです。 はみ出ちゃいました。)

『疫病神奇譚』!


幼女です!\(*^▽^*)/
今回は幼女と青年です!和風ものです!

現在は5話まで公開されてますが、
実は私…既にエンディングまで読み終わった後でございます!
先行公開を読ませていただきました。

今までのお話は若者の登場人物が多かったのですが、
今作はおっさんがいっぱいで私は幸せであります!(´▽`)あと老婆も好きです!!
(個人的に戸部さんが好きです! でも老婆も大好きです!老婆、大好きです!!)

主人公は優しい男の子、善光くん。
ぜんこうくん

そして疫病神、ユエちゃん。
ゆえちゃん

ストーリーは『生命の図書館』様より引用します。

『僕は、疫病神に恋をした』
 鎌倉時代初期、本間善光は廃れた神社でユエという少女に出会う。
 ユエは体に病の元である『疫』を宿した疫病神だった。
 次第にユエに惹かれていく善光だったが、
  やがて彼女の存在が周りの人間たちに知られることになり・・・・・・。


なんだか素敵なラブロマンスの予感。 和風ものという点が更にときめきを増しますね!
ちなみに絵がチラチラと赤い背景なのは、私のイメージでは紅葉が舞ってるからです。

前作『菩提樹』も相当な長編でしたが、 今作『疫病神奇譚』も相当な長編です!
媒体が小説なので、ガッツリ読むにはこれくらいがちょうどいいのかもしれません!
何にせよ、完結までわくわくです。

『生命の図書館』様には、当サイトでは見れない私の絵も公開されてます!
ついでに昔の合作もあります!

現在は『箱庭に追慕』の更新が遅くなっているので、
『生命の図書館』でまったりとしてみてはいかがでしょうか…?

スポンサーサイト
  1. おすすめ
  2. | 本文:0
<<タイトルなし | top | ご要望について、画像使用について>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する