◆箱庭の外堀◆

こめへん! :: 2014/05/18(Sun)
サイトの訪問、漫画の閲覧、WCRへの投票、拍手ありがとうございます。

本日はコメント返信です。
追記に「白乙ですよ~」さんのみどうぞ。




>白乙ですよ~さん
はじめまして。
コメントありがとうございます。


名前の欄に「白乙ですよ~」とあったので、ですよ~までを名前と認識してお返事します(´-` )

 …嘘です。
「白乙ですよ~」さんの正体は「白乙」さんですね!!私にはわかっていますよ…!!
バレバレですよ~!!


というわけで、普通に白乙さんへコメント返信します。
こんにちは!コメントありがとうございます! 風邪はいかんですよ!!

…でもそれとこれとは話は別で、新作は楽しみにしていますけどねー!(´▽`*)催促しますけどね!
白乙さんが倒れるまで原稿されるのはこっちも心配で困るけど… やっぱり催促しますよ!!
ブログの記事も読んでくださってありがとうございます! 実珠ちゃんは中学生ならではのウザ痛い感じです!
制服下に体操着しますよね!? ダサい色の奴!!(笑)
私の中学校は良い色だったんですけど、近隣中学が恵まれない色(サツマイモ色とか芋虫色)をしてて
部活で近隣校との合同合宿とかあると「うわぁ」って思った記憶があります。

「奇跡」のお話は私の中で『ちょっとなぁ』と思ってるだけなのであまり参考にしないでください!
『主人公が死んで、ヒロインが涙をぽたぽた落として、その涙か主人公の頬に当たると主人公が復活する』
…みたいな展開は私には作れないってだけの話です(´▽`;)
白乙さんの作品は今回の「奇跡」に当てはまらないですよ!
だって白乙さんの作品は確率の問題じゃないです。彼の想いの強さ(執念)の問題ですよ。
『最強さん』の場合は「初めて遊んだゲームで理子に偶然出会う。それもお互いがお互いを認識できずに」という奇跡です。
(ちなみに理子は転校を繰り返しているので、こむぎの事はすっかり忘れているのです)
神様の場合は、ちゃんと手がかりがあって確実性を持って相手を探しているので奇跡ではなく必然です。
あの場合なら出会う時間に誤差はあろうとも、更に何十年かかってでも必ず出会えると私は信じています。
っていうか奇跡じゃなくて「愛の必然」だと断言させてください!!
この白乙ファンにそう言わせてくださいまし!!!!!

…白乙さん、それでもやっぱり私は「最強さん」を『不出来な作品』だと思います。(頑固)
漫画としては喜んでくださる方も結構いらっしゃって嬉しかったのですが、
「ゲームを題材にした物語」としてはとても駄作です。
ゲームにしろ、スポーツにしろ、医療ものにしろ、何かを題材にするってことはその筋の人も読むって事です。
物語として満足してくださる方がいらっしゃったとしても、
その筋の人が見て「違和感」を覚えられてしまうとその筋の人はこの物語を楽しむことが出来ません。
「だってそもそもこんなのあり得ないじゃんww」って言われたら冷めちゃいます。リアリティが無いんです。
そういう点からしたら私は一度も駄作から抜けた事は無いのですが、
いつかはその「駄作」から抜け出してみたいと思っています。
そのためにはいつも「これは駄作かどうか」を意識し審議しながら作っていかねばならんと思っております。

決して『そんなことないよ』と言ってほしいのではありません!(`Α´;)構ってちゃんではないのです!
読む人は「ハァン(´く_` )俺はこの話、わりと好きだったけどね~」くらいで良いのです!
だからそんなに気にしないでくださいませ~!!

ではでは、今回はそんな感じで… 風邪引かないでくださいよ!!ノシノシ


スポンサーサイト
  1. コメント返信
  2. | 本文:0
<<108出しました | top | 素敵な紀一!>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する