◆箱庭の外堀◆

頑張らなきゃだなーって独り言 :: 2014/03/29(Sat)
気合いいれ

100話以上描かれている漫画サイト様を見に行くと勇気が出ます。
長い長いお話を完結されてる創作家様方を見るともっともっと勇気が出ます。

頑張ろう、と思えます。

更にそこで【箱庭に追慕】の今後の展開を見直していると、
頑張らなければいけない!と情熱を燃やせます。


「4月になったら忙しくなるから更新ストックをどう消費していこう…」とか
弱腰になっている自分が恥ずかしいです。
出せる日はバンバン更新していこう!
更新するものが無くなったら頑張って書いていこう!

気合い十分! 情熱いっぱい! 時間が足りない!
まだまだ描きたい物がいっぱい! 描き足りない!

更新する気も無くなって漫画を描き続ける余裕もない日もあるけれど…
苦しい日も、悲しい日も、漫画を描くのが嫌な日も、別の活動がしたい日も、
終始、無駄口叩かず無言の笑顔で描き続けられる人間になりたいものです。

だから【箱庭に追慕】は一種の修行だと思うのです。
この修行を『完結』という終わりまで行くことが出来れば、きっと人間としてひとつ大きくなれる気がします。


その気持ちを忘れないことが一番の近道ですね。
紀一が似たような事を言ってました。

2014y03m29d_171744047.png

2014y03m29d_171939983.png

3年前の原稿にも言われるだなんて…。

どうやら私は3年前から全く成長していないようです。
3年前から頑張ってるはずなのに一向に変わらないのは頑張りが足りない証拠です。
もうひとつ上の頑張りを目指してみたいです。


…今考えれば27年も同じことを考え続けてなきゃなんて嫌すぎる(笑)
そこまでくるともはやトラウマの領域だと思います。

スポンサーサイト
  1. ひとりごと
  2. | 本文:0
<<最強さん始めました | top | タイトルなし>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する