◆箱庭の外堀◆

:: 2017/03/23(Thu)
どっちがすき1
どっちがすき2
どっちがすき3

サイトの訪問、漫画の閲覧、拍手、コメント、更新報告のRT等、いつもありがとうございます。
特にpixivの方ではここ6年間、漫画を作ってきた私からしても、どうにも不思議な… 応援をありがとうございます。
(閲覧数は増えないのにフォロワー数だけがここ最近一気に… 異常に増えてます… 謎です…)

3/22 02:10に「レス不要」にチェックつけてコメントくださった方、ありがとうございます。
もにゃ様への返信は追記になります。



続きを読む
スポンサーサイト
  1. コメント返信
182話更新しました :: 2017/03/20(Mon)
hakoniwaTOP241.png
サイトの訪問、漫画の閲覧、WCRへの投票、拍手ありがとうございます。
182話更新しました。 大変遅くなりました。
久々の更新なのでまた何か間違ってたらどうしよう…ってブルブルです。



「オンナ」です。

年をとることは恐怖だと思います。
月日が怖い。 もうこれ以上、年齢を重ねたくない。 若い女が恨めしい。
「18歳」と「19歳」でイメージが違うように、一歩一歩と年をとり続け、戻れない道を進み続ける。
段々と自分が老化していくのが分かる。
手荒れが酷くなった、夜更かしが出来なくなった… そういった小さなことから恐怖を感じていきます。

それを認めてくれる人がいればいいんです。
「きみと一緒に年をとっていける」と手を繋いでくれる人がいるのなら、報われると思います。
しかし独りの女はただただ、「きみと一緒に」と言ってくれる人がいないうちに年をとり続けることに恐怖します。

『若さ』という魅力が失われていく。

ただでさえ、「私」は顔も器量も良くないというのに。
段々と「私」の売り文句が減っていく。

ブスで性格も良くない「私」と一緒に歩いてくれる人なんかいるわけない。
だって「彼」がそう言ったから。
『お前みたいな変態痴女、好きになる奴なんていねぇよ』(99話)

じゃあ「私」には規しかいないじゃない。
規が『結婚しよう』って言ってくれたじゃない。
それって、「私」を許してくれるのは規だけってことでしょう。

「オンナ」の「華」は過ぎていく一方。

「華」の時期は全て規と一緒だったんだから。
見捨てないで。
ブスで性格の悪い私にはもう何も残ってない。
返して。
私の「華」の時期を返して。
もう誰も見向きもしてくれない。
返して。
そしたら若い姿で別の男を捕まえるから。
それができないなら、見捨てないで。

『世界で一番愛してる』って、
枯れた私に報いて。


***

こうして高崎は盛大にフラれたのでした。
こんなに更新待たせておいてフラれるんかーい!

  1. 補足説明
もっと定期的に :: 2017/03/16(Thu)
ツイッター再開してみました。 細かい作業状況をお伝えできればな~って思ってます。

  1. ひとりごと
重い腰を上げて :: 2017/03/13(Mon)
高サキちゃん

まともな挨拶お久しぶりです。 お世話になっております。

春が近づいています。
ようやく職場の雰囲気とこの生活リズムにも慣れ始めてきました。(仕事には慣れません)
「就職したよ~」って友達に報告してると素敵な話が聞こえてきたりもするわけです。
面白そうな漫画のイベントに行ってきただとか、旅行に行ってきただとか。


そんなわけで最近思うようになりました。

「創作活動を本格再開させたい」


そして
東京行きたい
何年かぶり(3年ぶり?)に東京行きたい。
おら、東京のコミティアに行ってみたい!

ここ何年かはお金を貯める余裕が全然無かったので、今度こそお金を貯めて東京に遊びに行きたいのです。
サークル参加か一般参加かはまだわからないですが、旅費を貯めたい…という欲が出てきました。
目標が出来たのはとっても良い事だと思うのです。


仕事も求人票では「休みが少ない」って書いてあったのですが、実際に年間カレンダーを頂いてみたら結構休みがありそうな感じです。
やっぱり過去の職場では一番休みが少ないけど、慣れれば何とかなるような気がしてきました。
まだ少し、仕事から帰ってメシ食って風呂入って布団に直行ルートから離れられませんが…
そのうち睡眠時間を削って余裕を絞り出したいです。

まずは箱庭本編の更新が最優先ですが…
調子が掴めて元気になってきたので、もうちょっと活動を広く・アクティブに行きたいと思ってる所です。


サイトの訪問、漫画の閲覧、WCRへの投票、拍手ありがとうございます。

  1. ひとりごと
はいけーかたったった :: 2017/03/12(Sun)


C6ogoRQVsAAvLBX.jpg

2017y03m11d_203114610.png

「酒の肴は男の背中」の背景を作った時のメモ書きです。


拍手絵の背景を褒めてくださった方がいらっしゃって嬉しい限りです、が、
私は筋金入りの背景嫌い・背景描けない人間であります! 申し訳ない! 私、背景を全然語れません…!
昔っから下手くそ画力で、背景が進歩しないのは背景が苦手で逃げまくってるからなんです。

話の進み方の関係で、間取りを考えなきゃいけない時があるので最低限しか考えておりません。


でも語れる所は少しだけ語ろうと思います。
付き合ってくださる方は追記まで。


サイトの訪問、漫画の閲覧、WCRへの投票、拍手、コメントありがとうございます。

続きを読む
  1. 補足説明
次のページ